Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

音の駅舎Vol,1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは! べびすたと申します。

新シリーズを始動させます、、、。

 

僕が、コレまで30年間生きてきて、

本当に良かったなと思える楽曲を、

今年流行りの楽曲を、

ふと蘇る想い出の楽曲を、

この斉藤さんで発見した新曲を

紹介するブログコーナーを、

今回設ける運びとなりました。

 

コンテンツは多い方が良いってね。

 

では、記念すべき第一回目の、、、

今日の音楽はコレ!!

米津玄師さんのLemonを紹介します。

Amazonミュージックで聞いてみる、いや知ってるかw

米津玄師(よねづ けんしwiki有さん

皆さんは、ご存知かと思いますが、

けんしさんなんですねwww

もう大ヒットメーカーですが、

私にはやっと一曲ヒットしました。

 

~Lemon歌詞~

夢ならばどれほどよかったでしょう
未だにあなたのことを夢にみる
忘れた物を取りに帰るように
古びた思い出の埃を払う
戻らない幸せがあることを
最後にあなたが教えてくれた
言えずに隠してた昏い過去も
あなたがいなきゃ永遠に昏いまま
きっともうこれ以上 傷つくことなど
ありはしないとわかっている
あの日の悲しみさえ あの日の苦しみさえ
そのすべてを愛してた あなたとともに
胸に残り離れない 苦いレモンの匂い
雨が降り止むまでは帰れない
今でもあなたはわたしの光
暗闇であなたの背をなぞった
その輪郭を鮮明に覚えている
受け止めきれないものと出会うたび
溢れてやまないのは涙だけ
何をしていたの 何を見ていたの
わたしの知らない横顔で
どこかであなたが今 わたしと同じ様な
涙にくれ 淋しさの中にいるなら
わたしのことなどどうか 忘れてください
そんなことを心から願うほどに
今でもあなたはわたしの光
自分が思うより
恋をしていたあなたに
あれから思うように
息ができない
あんなに側にいたのに
まるで嘘みたい
とても忘れられない
それだけが確か
あの日の悲しみさえ あの日の苦しみさえ
そのすべてを愛してた あなたとともに
胸に残り離れない 苦いレモンの匂い
雨が降り止むまでは帰れない
切り分けた果実の片方の様に
今でもあなたはわたしの光

ソース・Source: https://www.lyrical-nonsense.com/lyrics/kenshi-yonezu/lemon/

 

はい、

楽曲もそうですが、玄師さんの歌詞は

どこか哀愁があって、実体験なのか?

ご本人しか分かりませんが、

僕に刺さる歌詞は、音楽はこの玄師さんの

思いをぶつけた作品と信じております。

 

夢ならばどれほどよかったでしょう
未だにあなたのことを夢にみる

↑↑

僕も、考えますが玄師さんとは、

置かれている状況が全く違うので、

あくまで僕の主観です。

なぜ、僕は産まれて来たのだろうか?

そして、いつも何故、他人と違う道を

すこし険しい道を選んでしまうのだろう?

と、短い自分の30年を振り返っては、

何故?何故?と思う事があります。

実際今ニートですしね思うorrz、、、。

 

受け止めきれないものと出会うたび
溢れてやまないのは涙だけ

↑↑

昔から、僕は泣き虫でした。

トラウマですね。怒鳴られるや暴力って。

抑えきれない感情は、直ぐに形になって

ぽろぽろと頬を伝います。

高校生の時、初めて入ったバイト先で

店長さんにチョット注意されて、

泣いた事を今でも覚えていますw

 

そんな、分かりし頃の記憶が、

ふと蘇る楽曲でしたwww

何でやん(; ・`д・´)

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
google.com, pub-7809427245738340, DIRECT, f08c47fec0942fa0

コメントを残す

*